スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少子高齢化の影響か?自動車保険料大手値上げに踏み切る!

自動車保険料値上げへ…東京海上1・5%、三井住友は1%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080611-00000006-yom-bus_all

少子高齢化によって保険料が高い若者からの搾取が難しいので値上げに踏み切ったとありますが、今時の若者は車に興味がある人の方が少ないです。車に投資をしてきた人の最後の世代は30代半ばですよ。あまりにも自動車保険会社の見通しが甘いのではないかと思ってしまう記事ですね。
原油高の影響で車を手放す人も出てくるでしょうからますます、保険料が高くなってしまいそうで残念です。

損害保険大手の東京海上日動火災保険と三井住友海上火災保険が7月から自動車保険の保険料を引き上げることが10日、明らかになった。

 引き上げ幅の平均は東京海上で1・5%程度、三井住友海上では1%強となる見通しだ。東京海上が自動車保険の保険料を大幅に見直すのはほぼ6年ぶりとなる。

 損害保険ジャパンは4月から約1%の引き上げを実施済みだ。自動車保険料は、保険料収入全体の約4割を占める中核分野であるにもかかわらず、収入が減少傾向にある。

 国内の自動車販売台数の落ち込みで契約件数が減っているほか、少子高齢化などで保険料が割高な若年ドライバーが減るなど、契約ごとの保険料収入も目減りしているためだ。

 東京海上の場合、年齢が30歳以上で対物・対人賠償が無制限、人身傷害が3000万円、車両保険なし--という標準的なタイプで、年間4万2410円の保険料を0・6%高い4万2660円に引き上げる。
スポンサーサイト

自動車 保険 三井 ダイレクト

自動車を運転する人ならば,誰もが知りたい自動車保険。
三井ダイレクトの自動車保険についてのお話です。
三井ダイレクト損保の自動車保険には,さまざまなサービスの面が安心できる内容となっていて,しかも三井ダイレクト損保の自動車保険の保険料はとても納得の行くものとなっています。
まず,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対物保険が無制限となっています。
これは,万が一の場合に備えて,対人賠償保険と同様に対物賠償保険も補償を無制限にすべきだという三井ダイレクト損保のススメに基づいています。
三井ダイレクト損保の自動車保険なら,賠償金がどんなに高額にのぼってしまっても安心なのです。
また,三井ダイレクト損保の自動車保険には,対物超過修理費用特約というものがあります。
この特約を自動車保険に付加することで,相手の車の修理費が時価を超えて,その差額をこちらが支払う場合でも,保険金が支払われるのです。
さらに,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対歩行者傷害補償特約というものもあります。
これは,トラブルになることの多い歩行者との事故の際に,この特約が自動車保険に付加してある場合は,自分の過失割合にかかわらず,相手の損害の全額を補償してくれる自動車保険の特約となっています。

自動車 保険 車両 保険

自動車保険の中にはいろいろな保障内容の保険が細かく分けられています。
そんな自動車保険の中で,車両保険という名前の自動車保険があります。
自動車保険の中の,車両保険とはその名前の通り,車両にかけておく自動車保険の事です。
例えば,車両保険という自動車保険は,契約をしているクルマが,偶然の事故によって損害を受けた場合に,修理代などが支払われる事になる自動車保険の事を車両保険といいます。
自動車保険の中の,対人保険や対物保険とは人や物に対する損害の補償の自動車保険ですが,この車両保険は,自分のクルマにかける保険というわけなのです。
この,車両保険という自動車保険はをかける時の保険金額というものは,契約をしようとするクルマの年式や種類などのいわゆる「時価」というものを基に決められることとなります。
例えば,50万円程の値うちしかないとされるクルマなのに,車両保険という自動車保険を使って300万円の保険をかけようとしてみたりすることは基本的には無理なのです。
この,時価というものは保険会社のほうが,最新の時価のデータに基づいて決めることとなります。
万が一の時の為に,このような車両保険という自動車保険に予め加入しておく事が安心となるのです。

JA 自動車 保険

農協,つまりJA共済は安心の保険会社として知られています。
このJAが出している自動車保険もとても安心なサービスの自動車保険で人気です。
JAの自動車保険は「自動車共済」という名前で呼ばれています。
このJAの自動車保険に加入する際には,合わせてJAの自賠責の自動車保険とセットで加入すると,自動車共済がさらにお得になるシステムになっています。
JA共済というものは,「助け合い」の精神から生まれているため,営利を目的とはしていないのです。
そのため,JAの自動車保険などについても,納得のいく掛金となっています。
また, JAの自動車保険は,JAの自賠責保険とセットでの加入であれば,対人賠償掛金が7%割引となります。
JAの自動車保険では,車両保障と対物賠償とセットで加入すると車両保障・対物賠償のそれぞれの掛金が約7%割引となるので,とてもお得な契約となります。
また,JAの自動車保険で無事故を継続すると,最大20等級までの無事故割引等級が適用され,自動車保険の掛金が最高62%まで割引かれることとなります。また,この無事故による割引は保険会社等からの切り替えにも適用されます。
JAの自動車保険なら,2台目以降から新規加入がお得になるサービスもあります。

トヨタ 自動車 健康 保険 組合

自動車保険に限らず,保険には様々な商品が各社から提供されています。
そのような保険の中でも,トヨタ自動車健康保険組合について見てみたいと思います。
トヨタ自動車健康保険組合とは,その名の通りトヨタ自動車という自動車の会社が提供している健康保険組合の事です。
トヨタ自動車という名前が付くため,自動車保険を扱っていると思われ
がちですが,このトヨタ自動車健康保険組合では,その名の通り自動車保険ではなく,健康保険について取り扱っていることになります。
このトヨタ自動車健康保険組合は,自動車保険ではなく健康保険を取り扱っている組合です。
保険事業として,病気にならない為の疫病予防事業や,健康の保持・増進に役立つ事業を行っています。
また,保険給付の事業としては,自動車保険の取扱いはなく,主に健康保険を取り扱っていて,病院などを受診したときの医療費の支払いをはじめ,会社を休んだ時の休業保障や出産をした時の費用や死亡したときの埋葬費用などの支払い業務を行ってくれることになります。
トヨタ自動車のやっている保険組合なので,名前だけ聞くと自動車保険を扱った保険組合だと思われがちですが,上記のように実際は自動車保険ではなく健康保険を扱っている組合となります。
MYページサービス登録
あなたのMyページへ新着記事をお届けします。まずはご登録を。

My Yahoo!に追加
Googleに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。 このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。 詳しくは、Adsense広告の、公式プライバシーポリシーをご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。